むーねんぺのグーチョキパー

いろんなこと書いてくよ

感情に溺れる

過去の自分を自慢するやつは先を見れてない人間である。

 

そんな言葉を朝見かけました。

昨日家に帰ってからテレビを見てました。

音楽番組で長渕さんの曲「Loser」を聞きながら昔大学のレポートの作成に使った本を探してたら中学生の時の日記が出てきました。

 

まぁいいやと思い日記をパラパラ読んでると、せやなーって感じに。

 

虐められてた時の自分が描かれてました。

今だから読めるけど、高校生の時に読んでたらゲシュタルト崩壊を起こしてる気がします。

日記に逃道を作ってたので。

そのままパラパラと読んで最後のノートじゃなくて厚紙の部分にマジックで書いてあった物を目にしたときはビックリしました。

 

今から約10年前の自分のが大人だったのかなって。

その頃アニメをアホみたいに見てたからなのか、文章が臭かったです。

 

「10年後の俺は幸せですか、それとも辛い日々を送ってますか。」

 

何を書いてるだろ俺wとか思いながら続きを読んでると今の自分が情けなく見えてきました。

 

中学、高校生の時の自分のが自分らしかったのでは?と感じました。

強かったと思います。時には弱くなる自分もありましたが、今よりは強かったです。 

 

過去の自分を自慢するやつは先を見れてない。

今そんな気分です。

 

立ち止まって自分に問いかけるほど、自分は今大人ではない。

それなら前を向いて今を楽しむべき。

 

10年後の俺

10年経っても変わらないものはある。

それに気づいてない時間のが多いけど、大切なのは自分のことを好きなのかどうか。

俺は自分のこと好きですか。嫌いにならないで。

自分のことが嫌いになってしまったら、何もかも嫌いになる。

だから好きでいてくれ。

 

辛かったことも楽しかったことも1つの思い出に。