むーねんぺのグーチョキパー

いろんなこと書いてくよ

にょんの勝てるFOW 第2講座 「いろんなデッキに負けないためには?」

僕がよく体験したことを交えて書いてみたいと思います。

 

遊戯王をやってたときに、一時間近くかけて電車に揺られて大会の会場に行き、1試合目で負けたときのメンタルブレイクされたとき、とても落ち込みました。

 

凄い前向きに考えたら、「次の対戦相手は弱い人に当たる可能性が上がる」。

この考え方もあります。

 

そして次の試合が始まりデッキのカット中相手が「暗黒会の軍神シルバ」をポロリと落としました。

その時の僕は墓守猫と言われるデッキを使ってました。

 

その後40分試合をやったあと、僕はなにが起きたのかわからず負けました。

 


f:id:nikiniki3957:20161105125954j:image

ストレートで負けてしまい

0-2をしてしまい決勝ラウンドには上がれなくなりました。

僕は帰ることなくあと2試合をやり、決勝ラウンドをメモ帳片手に見ることにしました。

 

 

相手が暗黒界ならXセイバーエアベルンで殴るのに注意すれば勝てると甘い考えでゲームを進めました。

 

それがカードゲームの沼でして。

僕がそれを経験してから大会にはもっと積極的にでるようになりました。

 

大会の上位プレイヤーは強い。

だけど「公認大会の対戦相手のほうが戦うのが数倍難しい」ってことを認識しました。

 

世間でよく言われてる地雷プレイヤーと言われる人が多いからだ。

僕も今ではそちら側の人間である。

 

地雷(landmine)プレイヤーは何をしてくるかわからないので柔軟な対応力と経験、知識が必要になってくる。

 

地雷プレイヤーって言葉はあまりよくないので、環境メタ外のデッキとして置き換えるとわかりやすいかもしれない。

 

彼らは既存の環境デッキを破壊する怪獣(敗北)である。

どこでいきなり暴れてくるかわからないので、冷静にカラータイマー(遊戯王だと40分以内に)2-3回スペシウム光線を当てなければいけない。

 

こちら側から押し付けに行くのに、無謀なアタックをしかけたら、フイニッシャーを手札にあることもバレてしまうこともある。

 

環境を壊しに来てるプレイヤー相手が一番警戒心を持って戦わなければいけない。

 

1歩踏み外せば横は彼らの土俵である。

 

メタ外のデッキを使うプレイヤー達も理由はしっかりある。

 

デッキの基本性能は環境デッキを使ってた場合自分のほうがデッキ性能は格段に上なので、冷静にアドバンテージを広げていけば勝てる。

 

こちらのやりたいことを1点に集中して押し込めれば勝機は近づいてくる。

 

 

こうやって考えると常にカードプールを見て視野を広げることによって敗けを防げる可能性が1mmでも増えてくる。

 

僕の経験上メタ外のデッキを使う割合が基本的に前のめりのアグレッシブなデッキと中速のビートダウンの割合は7:3くらいだと思われる。

 

なんでここにコントロールがないのか?ってなると、環境のTOPに基本的にコントロールがいるからである。

 

 

アグレッシブのデッキをアグロと呼ぶが、ここらへんのデッキは奇想天外行動をしながら押し込まれることが多い。

しかしながら基本的にモンスターカードを中心に構成されてる可能性のが多いので意識する点といえば「1:1交換を常に意識してボード上では負けないこと」。これか大切になってくる。

 

相手が無茶苦茶に暴れてきたタイミングで一撃を刺せるように準備をして止めをさせる準備をしよう。

 

相手のデッキによっては妨害札が多くて自分のテンポロスが発生することもあるが、なるべく素早く追い込むことが環境外のデッキと戦うときのポイントになる。

 

とにかく早く止めを指すことが重要になってくる!

 

楽しいカードゲーム生活を!